PAGE TOP

外壁塗装の基礎知識

home > 屋根・外壁の種類と特徴

屋根・外壁の種類と特徴

お住まいを長く守るためには「定期的かつ計画的な塗装メンテナンスが大切」ですが、築年数や使われいている外壁材や屋根材、立地環境などによって、お住まいの劣化の度合いや必要なメンテナンス時期はさまざまです。
そのため、屋根・外壁塗装を検討する前に、まずはお住まいの屋根・外壁の種類と特徴を知っておくことが大切です。
外壁材・屋根材にあった塗料選びや補修が、塗装の持ち=耐久年数につながります。ここでは、主な外壁・屋根の種類、塗り替え目安、特徴、よく起こるトラブルを説明しています。新築時の図面に記載されている屋根材・外壁材の種類を確認し、お住まいの特徴を知りましょう。

外壁の種類と特徴

窯業系サイディングボード(塗り替え目安7~8年)
【特徴】
石膏、セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材です。
表面上のデザインが豊富で、タイル目、レンガ調などがあります。 優れた断熱性を持ちますが、寒冷地では凍害が問題となるケースがあります。 最近の住宅で一番多く使われている外壁材です。

【よく起こるトラブル】
・目地のコーキング割れ・ボードの反り ・チョーキング
・紫外線による褪色 ・爆裂(寒冷地)
窯業系サイディングボード(塗り替え目安7~8年)
モルタル壁(塗り替え目安8~10年)
【特徴】
砂とセメントを水で希釈して混ぜ合わせてコテで塗りつけた外壁です。 防火性に優れており、強度が強い外壁材です。 防水性能が低くなると、急激に劣化が進みます。 15~20年前は主流の外壁材でした。

【よく起こるトラブル】
・モルタルの剥離 ・クラック(ひび割れ)
・紫外線による褪色 ・カビによる汚染
モルタル壁(塗り替え目安8~10年)
トタン壁(塗り替え目安10~15年)
【特徴】
金属素材のサイディングボードです。 金属素材のため、防水性が抜群で耐久性も優れています。 25~30年以上前に主流の外壁材でした。

【よく起こるトラブル】
・白サビ、赤錆などの腐食
・風による浮き・褪色
トタン壁(塗り替え目安10~15年)
金属系サイディングボード(塗り替え目安10~15年)
【特徴】
スチールやアルミニウムなどの金属鋼板です。 軽くて耐久性も高いので、既存の壁の上に貼り付けれます。 断熱効果にも優れており、さびにくいのも特徴です。

【よく起こるトラブル】
・スチール素材:サビ、褪色
・アルミ素材:傷がつきやすい
金属系サイディングボード(塗り替え目安10~15年)
ALCボード(塗り替え目安10~15年)
【特徴】
コンクリートを軽量気泡化した外壁材です。 断熱性、耐火性、耐久性に優れており、ビルなどによく使われます。 塗装が劣化したままですと、防水性が乏しいので内部からボロボロになります。手遅れになると、再塗装ができません。

【よく起こるトラブル】
・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地)
・紫外線による褪色
ALCボード(塗り替え目安10~15年)
コンクリート壁(塗り替え目安15~20年)
【特徴】
もっとも強度の強い外壁材です。 防水効果が劣化すると、コンクリートの内部に水がしみ込み、専門的な改修が必要になるケースがあります。

【よく起こるトラブル】
・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地)
・内部鉄筋の亀裂、破損
コンクリート壁(塗り替え目安15~20年)

屋根の種類と特徴

スレート瓦 (塗り替え目安7~8年)
【特徴】
セメントと石綿を85:15の割合で混合して作られた厚さ4.5mmの薄い瓦です。メーカーによっては「コロニアル」または「カラーベスト」とも呼ばれます。
日本瓦に比べると、軽量で施工しやすいのが特徴です。近年広く普及していますが、屋根を踏み歩いたことによる割れやひび、コケの発生などによる雨水の浸入で、施工後20年を過ぎた頃から下地の板(野地板)が傷みはじめるケースがよくあります。

【よく起こるトラブル】
・カビ苔の発生・ひび割れ・塗膜の劣化・剥がれ
スレート瓦 (塗り替え目安7~8年)
セメント瓦 (塗り替え目安7~8年)
【特徴】
セメントと川砂を重量比1:2~1:3で固練りに混ぜたモルタルを型に入れて成形したもので、形状により、和形、洋形、S形等の種類があります。
陶器瓦と比べて均一性に優れ、座りが良く一定した並びになります。塗料で着色するので、どんな色にもすることができ、家の形や壁の色に合わせて変えることができます。瓦の中では軽量なので、災害等には強いのですが、紫外線・風雨・温度変化等で塗膜の劣化が進行すると素材のセメントの劣化も早くなります。

【よく起こるトラブル】
・カビ苔の発生・ひび割れ・塗膜の劣化・剥がれ
セメント瓦 (塗り替え目安7~8年)
金属屋根 (塗り替え目安7~10年)
【特徴】
金属屋根材には、鋼板類(鉄)と、銅板・アルミニム・ステンレス等の非鉄金属があります。一般に鋼板類は強度を持ち、非鉄金属は耐食性に優れています。軽量・防水性、加工性に優れています。一般的に標準の耐久年数は10年~20年と言われているが、劣化症状として、色あせやサビが主にありるため、7年~10年で塗り替えもしくは葺き替えのメンテナンスが必要となります。

【よく起こるトラブル】
・サビの発生・色褪せ・釘の浮き・繋ぎ目の外れ
金属屋根 (塗り替え目安7~10年)
お住まいの屋根・外壁の特徴はお分かりになったでしょうか。ご紹介した塗り替え目安は、お住まいの劣化状況や立地環境によって異なりますので、定期的にプロ診断士の建物診断を受け、最適なメンテナンスができるようにしましょう。