カラーコンサルタントが語る住宅塗装の色選び

  • カラーコンサルタントが語る住宅塗装の色選び
  • 第1回 外壁の色はイメージで考える
外壁塗装・屋根塗装の色選びに関する悩みや疑問に、色彩のプロであるカラーコンサルタントが答える連載インタビュー。色彩効果を活用した色選びで、大切なお住まいへのこだわりを実現しませんか?
第1回

外壁の色はイメージで考える

外壁塗装には建物を守り耐久力を高める機能的な側面以外にも、外観をリニューアルして生活の質を高めるという側面があります。その際に重要になるのが色選びです。ひと口に色選びといっても、外壁の塗装と洋服の選択とでは違います。
どのようにすれば思うような色を選ぶことができるのでしょうか。
お話を伺った方
黒田 尚美 先生
株式会社ケイズ・カラープランニング 代表取締役
黒田 尚美  先生
商工会議所カラーコーディネーター検定1級
文部科学省認定色彩能力検定1級
日本色彩学会会員 ほか
建物の内装、外観、商品企画、店舗・企業の販売促進イベントなどの色彩戦略に関するコンサルテーションを行う。
色選びで「これはしてはいけない」というタブーのようなものはあるのでしょうか。
黒田先生:私は基本的に使ってはいけない色というのはないと思っています。好きな色を塗って、そこに住む方の満足が得られることが重要ですね。
どんな色でもいい、というのは意外です。
黒田先生:色選びにタブーはないのです。ただ、仰るように外壁の色と洋服の色は同じように扱うと大変なことになりかねませんね。外壁は家の持ち主の物でありながら、街の景観の一部でもあります。街並みを崩さず、こうしたいという思いを実現させることが重要だと思います。
周囲の環境まで考えるとなると、色選びはとても難しいことに思えてきます。
黒田先生:色そのものを考えると難しいかも知れないですね。そこで私がお伝えしておきたいことは、色を考えるのではなくイメージを考える、ということです。たとえば「重厚な感じにしたい」や「さわやかな感じにしたい」「優しい感じにしたい」など、自分が理想とするイメージを言葉にしてみるのです。それぞれの色には、それぞれ違った印象が付随します。色から印象を考えるのではなく、その印象から色を考えるというやり方です。
自分が理想とするイメージを言葉にしてみましょう
自分が理想とするイメージを言葉にしてみましょう
自分がどういうイメージにしたいかが色を決めるということですか。
黒田先生:そうですね。どういうイメージにしたいか、という言葉には基本的に二つの要素があります。ひとつは自分の思いです。自分の好みの問題に当たります。もう一つは周囲への配慮です。外壁というのは外から見える部分になります。ですから、自分の思いと同時に「人からどう見られたいか」も考えるとより良いと思います。この両者を踏まえた上でイメージを考えると、理想的な結果が得られると思いますよ。イメージさえ決まれば具体的に提案していけますから。
一度塗れば10年以上付き合うことになるのですから、慎重に理想を考えなくてはいけないのですね。
  • 街並みなど周囲への配慮をしつつ「こうしたい」という思いを実現させることが重要
  • 自分の理想とするイメージを言葉にし、その印象から色を考える
  • 店舗一覧
  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム