ドクトル外壁さんのあんしん塗装教室

  • ドクトル外壁さんのあんしん塗装教室
  • 壁にひび割れ!これってマズイの?

壁にひび割れ!これってマズイの?1mmのひび割れでも大変なことに

お住まいの外壁やコーキングの目地にひび割れや亀裂が入っていませんか?今はまだ小さなひび割れでも、長い間そのままにしておくと実は大変なことに。たとえ小さなひび割れであっても、そこから雨水が建物の中に浸入して、構造体を劣化させてしまう可能性があるのです。

そうなると大掛かりな修繕が必要になり、安全面でもコスト面でも大打撃となってしまうかもしれません。

壁にひび割れ!これってマズイの?
ひび割れを見つけたときの対策

すぐに補修や塗り替えをしないといけない?

ひび割れがあるからといって、すぐに補修や塗り替えが必要というわけではありません。
まずは、ひび割れの状態や原因を確認し、どんなメンテナンスが必要なのかを検討しましょう。

モルタル壁のひび割れ

1mm以下のひび割れの場合

この程度であれば、防水上問題がない場合がほとんどです。ただし、ひび割れの状態が進行していないか、定期的にチェックをしましょう。

1mm以下のひび割れの場合

3mm以上のひび割れの場合

ひび割れでできた隙間から、建物の内部へ水分が浸透している可能性が高いです。雨水などの水分が内部に浸透し、塗膜の剥離や凍害を起こす可能性があります。

3mm以上のひび割れの場合

サイディング壁のひび割れ

サイディング壁でひび割れが起こる原因として、地震や地盤沈下による揺れなどにより、建材を固定している釘まわりの劣化が考えられます。
また、サイディング自体が水分を吸収してしまって、凍害によるひび割れを起こしている可能性もあります。ひび割れが進行してしまうと修繕が大変になります。場合によっては、サイディング自体を交換しなければいけなくなることも。早めに処置しましょう。

サイディング壁のひび割れ

コーキングの亀裂

建物の継ぎ目には、必ずコーキング材(シーリング材)が入っています。この目地部分にも、揺れや地盤沈下、壁材の伸縮などが原因で亀裂が入ることがあります。
亀裂程度であれば、コーキング材を充填すれば大丈夫です。破損して一部剥がれてしまっていたり、建材との隙間が大きく開いてしまったときは、外壁材を傷める原因となるので早めに処置しましょう。

コーキングの亀裂
目視ではわからないひび割れもチェック

ここまで診てくれる専門家なら安心!

ひび割れがあるからといって、すぐに補修や塗り替えが必要というわけではありません。
まずは、ひび割れの状態や原因を確認し、どんなメンテナンスが必要なのかを検討しましょう。

  • スコープで外壁を拡大
    スコープで外壁を拡大

    外壁を30倍に拡大した画像です。目視ではわからないひび割れが発生している様子がわかります。

  • クラックスケールで計測
    クラックスケールで計測

    クラックスケールでひび割れを計測します。0.3mmを超えるひび割れ(クラック)は構造クラックと呼ばれ、補修が必要です。

こんなひび割れがあったら塗り替えが必要かも

特に注意が必要なひび割れの例

こんなひび割れがあったら、塗り替えが必要かもしれません。

こんなひび割れがあったら塗り替えが必要かも

このような状態になると、多額の費用をかけてメンテナンスしなくてはいけない可能せもあります。
少しでも「おや?」と思ったら、早めに専門の診断士に相談することをおすすめします。

プロタイムズの店舗または、問い合わせフォーム・フリーダイヤルからもご相談を承っています。
お気軽にご相談ください。
  • 店舗一覧
  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム