PAGE TOP

 外装リフォーム

home > 外装リフォーム

大切な住まいで長く快適に暮らすための適切な工事|プロタイムズの外装リフォーム

住まいを長持ちさせるためには、建物のいちばん外側になる塗装によって外的要因である紫外線や水、湿気などからいかに家を守るかが大切です。塗装も劣化するため、一般的に約10年に1度を塗装工事の目安とし、定期的なケアをすることが住まいを長く守ることになります。

しかし、定期的な塗装工事を続けているから大切な住まいを守れているとは限らない場合もあります。住まいを使われている建材や建てた業者の施工技術、立地環境などにより傷み方が違ってきます。その住まいの傷みにあった正しいメンテナンスをしなければ、大切な住まいを守ることはできません。専門家による住まいの診断を受け、塗装工事だけでなく、住まいを守るために最適なメンテナンスをすることが重要です。

痛み具合によっては「塗装」が最適なメンテナンスにならないことも

ちょっと待って!屋根や外壁のメンテナンスだけで大丈夫?

忘れてはいけない「床下のメンテナンス」

お住まいを長く守るためには、屋根や外壁からの
雨水などの浸入を防ぐことが大切です。しかし、
見落としてはいけないのが床下の状態です!床下は
湿気が溜まりやすく、湿気が多くなるとシロアリや
腐食菌が発生し、お住まいの健康に大きな影響を
与えかねません。

新築から2~10経っている住まいには防蟻工事をおすすめ

最適なメンテナンスを選ぶことが大切なのはわかったけれど・・・わが家にはどの工事が最適なの?

最適なメンテナンスを選ぶためには専門家による診断が必要です。

住まいの診断とは

屋根・外壁リフォームをするためには、住まいの状態を把握する「診断」を行います。診断を行わないと、住まいの良い所も悪い所もわからず、どの工事が最適なリフォームになるのか判断ができません。

診断には、ご自身でできる簡単な診断方法もありますが、最適なメンテナンスを選ぶためには、専門の知識と資格を持った専門家による正確な診断が必要です。