PAGE TOP

 外壁のメンテナンス

home > 外装リフォーム > 外壁のメンテナンス

大切な住まいで長く快適に暮らすための適切な工事|プロタイムズの外装リフォーム

外壁のメンテナンス(張り替え工事・重ね張り工事)

外壁が劣化してくると、壁にヒビが入ったり、シーリング部分に穴があいたりして雨水が建物内に浸入し、内部構造の劣化につながる恐れがあります。

小さな傷みであれば、傷んだ部分を補修し塗装工事をすれば大丈夫ですが、下地や既存の外壁の劣化がひどい場合は、塗装工事ではなく、新しい外壁材を用いて重ね張り工事や張り替え工事でメンテナンスをします。

葺き替え工事
既存の外壁材を解体・撤去し、いったん骨組みだけにし、下地の補修・取替をして新しい外壁材を設置します。
カバー工事
既存の外壁材をそのまま残し、既存の外壁材の表面に胴縁(どうぶち)という下地材を設置し、その上に新しい外壁材を取り付けます。

こんな症状が出ていたら要注意!~工事の目安~

劣化症状例「外壁材の破損」
劣化症状例「外壁材の破損」
外壁材の表面が剥がれ、外壁材内部に雨水など水分が浸入している可能性があり、下地材や外壁の内側にある断熱材や防水シートなどが腐っている可能性があります。
劣化症状例「外壁の反り」
劣化症状例「外壁の反り」
外壁材と外壁材の継ぎ目にあるシーリングなどの亀裂部分から雨水など水分が内部に浸入し、外壁材自体が腐っている可能性があります。

こんな特徴があります

こんな特徴があります
【張り替え工事】
  • 外壁を撤去するため、下地や断熱材などの状態も細かくチェックできる
  • タイル調など多彩なカラーやデザインを選べる
  • メンテナンスの生涯コストを抑えられる
【重ね張り事】
  • 外壁を撤去するため、下地や断熱材などの状態も細かくチェックできる
  • タイル調など多彩なカラーやデザインを選べる
  • メンテナンスの生涯コストを抑えられる

最適なメンテナンス方法を選んで大切な住まいを長く守りましょう

まずはお住まいの状態を知りましょう|プロタイムズのお家の健康診断
プロタイムズの外装リフォームのトップにもどる