PAGE TOP

 屋根のメンテナンス

home > 外装リフォーム > 屋根のメンテナンス

大切な住まいで長く快適に暮らすための適切な工事|プロタイムズの外装リフォーム

屋根のメンテナンス(葺き替え工事・カバー工事)

紫外線や雨など常に厳しい自然環境にさらされている屋根は、外装の中でも劣化の進行が早い場所です。塗装工事で見た目の美しさや表面の耐久性を上げることはできますが、表面がきれいでも雨水が屋根材の隙間から建物内部へ浸入し、棟の下地を腐らせたり、雨漏りしたりしている場合もあります。
現在の状態を把握し、葺き替え工事やカバー工事で最適なメンテナンスをすることが重要です。

葺き替え工事
雨漏りしたり下地の腐食が進んでいる場合のメンテナンス。既存の屋根材の撤去し、下地材の補修もしくは取替えを行い、新しい屋根材を設置します。
カバー工事
既存の屋根材の上に、新たな屋根材を設置する二重屋根にする工事です。

こんな症状が出ていたら要注意!~工事の目安~

劣化症状例「屋根材の破損」
劣化症状例「屋根材の破損」
屋根材の表面塗膜が機能しておらず、屋根材自体に水分が染み込み、割れや反りなどの劣化がみられます。
また、屋根材の表面劣化が著しく、塗装できない状態です。
劣化症状例「下地の傷み」
劣化症状例「下地の傷み」
屋根材自体は大きな劣化はありませんが、野地板や防水シートなどが腐っています。また、屋根裏に多くの雨漏りがある可能性があります。

こんな特徴があります

こんな特徴があります
【葺き替え工事】
  • 下地や防水シートなどの補修もできる
  • 軽い屋根材にすることで耐震性をあげることができる
  • メンテナンスの生涯コストを抑えられる
【カバー工事】
  • 葺き替え工事よりコストを抑えられる
  • 上からかぶせるため下地の劣化はそのまま
  • 屋根が重くなり、耐震性が低下する可能性がある

最適なメンテナンス方法を選んで大切な住まいを長く守りましょう

まずはお住まいの状態を知りましょう|プロタイムズのお家の健康診断
プロタイムズの外装リフォームのトップにもどる