PAGE TOP

 よくあるご質問bk

home > よくあるご質問bk

  • 塗装を検討される際のご質問
  • 塗料についてのご質問
  • プロタイムズについてのご質問

塗装を検討される際のご質問

家はどうして塗装するのですか?
建物を保護するためです。家を塗装するのは、カラフルな色で美観をつくりだすと同時に、壁や柱が腐食してしまうのを防ぐためなのです。 塗装されていなければ直ぐに家が傷みます。 自然環境から建物を保護する際に、最も大きな要素となるのは塗装なのです。
なぜ壁にひび割れが起こるのでしょうか。
硬い被膜の塗料は、壁と一緒にヒビ割れてしまいます。 ヒビ割れが起きると壁に水が侵入し、直ぐに建物は腐食し始める為、ヒビ割れは絶対放置してはいけません。 ヒビ割れ対策には、壁がヒビ割れても、塗料が伸びて水の侵入を防いでくれる伸縮性のある弾性塗料を使うのがおすすめです。
塗装工事を行うのに良い時期や季節はいつ頃でしょうか。
雨の降りやすい時期(梅雨など)を除いて、ほぼ一年中塗装工事は可能です。塗料が乾くまでに時間がかかる冬場でも短工期で施工する業者がいますが、プロタイムズでは塗料メーカーが定める「塗り重ね乾燥時間」を厳守し高い塗装品質を確保しているため、冬場は工期が通常より若干長くなる場合がありますが、ご満足いただける高い工事品質をお約束いたします。尚、積雪の多い地域では冬場の塗装工事を行っていない場合があります。
新築時と外壁や屋根の色が随分違うように思うのですがこれは塗り替え時期?
一概には言えませんが、明らかに変色している場合や、壁をさわって白いチョークのような粉が手に着いたら、塗替えのサインですので、塗り替えをお勧めします。
雨漏りしているようなのですが、原因がわかりません。どうしたらいいでしょうか。
雨漏りは一般的に屋根からの浸水をイメージしますが、屋根からの浸水だけでなく、外壁からの浸水が原因の場合もあります。くわしい原因を調べるためには専門診断士による建物診断を受けられることをお勧めします。プロタイムズでは、専門知識をもった外装劣化診断士が外壁はもちろん、屋根の上まで上がって細部に渡る診断を行っています。ぜひ、こちらからご相談ください。→『ドクトル外壁さんの外装劣化調査診断』
「外装劣化診断士」とはどんな資格ですか。
「外装劣化診断士」は、一般社団法人住宅保全推進協会の認定資格です。住宅診断の基礎的な知識を身につけ、住宅の屋根・外壁などの外装部分の劣化状況の基本的な調査、診断と補修、改修工事等の対策について提案を行うことができます。くわしくはこちらをご覧ください。→『ドクトル外壁さんの外装劣化調査診断』
「一級塗装技能士」とはどんな資格ですか。
「塗装技能士」は、塗装に関する唯一の国家資格で、確かな塗装技術をもつ証として評価されています。プロタイムズではお客様に高い工事品質をお届けするため、多くの職人が一級塗装技能士の資格をもち、日々塗装技術を研鑽しています。
塗り替えをするべきなのかわからない
専門業者に診断してもらうことをお勧めします。 普段ご自分で確認することができない屋根の上などは、特にビデオで撮影してもらうのが良いでしょう。 プロタイムズでは屋根や壁の状態をプロの診断士がビデオ撮影をしながら解説する、「おすまいビデオ診断」を行っております。
外壁や屋根の色を何色にしようか迷っています。色選びの相談には乗ってもらえるのでしょうか。
外壁塗装や屋根塗装において色選びはとても重要です。プロタイムズでは「思っていた色とちがう」などイメージの誤差をなくすため、研修を受けたカラーアドバイザーが色選びをサポートします。色選びはご納得いただけるまで打ち合わせしますので、ご安心ください。
外壁塗装はどの位持つのですか? またアドバイスはしてくれるのでしょうか。
5年・7年・10年・15年以上・・・使用する塗料によって違います。 また施工の仕方によっても違う事は言うまでもありません。
なぜ水洗いが必要なのですか? またアドバイスはしてくれるのでしょうか。
塗装する場合、必ず外壁や屋根の汚れやコケをキレイに洗い流してから塗料を塗ります。 しっかりと汚れを取ってから塗装しないと直ぐに剥がれてしまったり、長持ちしません。
塗装工事の進捗状況は報告してもらえるのでしょうか。
プロタイムズでは「塗り替え交換日記」で毎日の作業内容や工事の進捗状況をご報告しています。その日どんな作業をしたか、気になった点やお知らせすべきことなどを現場の職人が毎日書き込んでお渡ししています。お仕事などで施主様がご不在の際はポストに投函して、お帰りになった際にお読みいただけるようにしています。くわしくはこちらをご覧ください。→『工事工程のご報告』
外壁塗装は見た目がそんなに気にならなければ必要ないですか?
一概に言えませんが、10年毎に専門業者による診断をお勧めします。
塗装工事中に気になることがあったら、職人さんに話しかけてもいいのでしょうか。
もちろんです。気になったことは何でも現場の職人や担当者にお尋ねください。一般的に”職人”には話しかけづらいイメージがあるかもしれませんが、プロタイムズでは職人と施主様がコミュニケーションをとりやすいよう「塗り替え交換日記」に施主様からのコメント欄を設けています。職人に話しかけづらい場合は、ぜひこちらで気になることなどをお伝えください。くわしくはこちらをご覧ください。→『工事工程のご報告』
塗装がされていないように感じます。塗り替えを行ってくれると思っていた箇所が塗装されていないのですが。
見積説明の段階で必ず「含まれていない工事は?」と聞くのが良いでしょう。 更に口答ではなく必ず書面で確認しましょう。
塗装工事に関する保証はしてくれるのですか?
使用する塗料によって保証は変わります。 保証がでない塗料もありますので、契約前に施工会社の説明をしっかりと聞きましょう。
イメージした色と違うのですが、塗り替えは可能ですか?
イメージと違うだけでは、塗替えは不可能です。 色を決める前にしっかりと打ち合わせを行い、色の最終決定はA4サイズ程の色見本を提出してもらい決定し、書面にも残しておきましょう。
壁に細かい亀裂がたくさん入っていて、塗装で直るのか不安なのですが。
細かいひび割れ補修の下地材料としてフィラーがあります。 フィラーは躯体の細かいひび割れを埋めたり、表面を平滑にします。
外壁に長いひびが入っているのですが大丈夫でしょうか。
これは塗膜に裂け目が出来る現象でクラックと呼びます。 塗膜が割れている為、裂け目から水が浸入する恐れがありますので早めの補修をおすすめ致します。
門扉(鉄部)などのサビをどうにかして欲しいのですが。
サビの除去後、サビ止め塗料を塗装します。 プロタイムズでは付帯工事のみも行なっております。
外壁から白い粉が出てきているのですがこれは何ですか?
熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象のことでチョーキング(白亜化)現象といいます。
塗装工事の際、養生とよく耳にしますが、これは何のことですか?
サッシやガラスなど、塗料が付着しては困る部位にビニールシートを貼ります。 また、建物だけではなく植木や車両などへの配慮も忘れません。
下地補修とはどんなことをするのでしょうか。
下地補修では、外壁や屋根に付着した汚れやゴミの洗浄、膨れや剥離など不具合のある塗膜の除去、ひび割れ箇所の補修などの作業を行います。下地補修をおろそかにすれば、2~3年で塗装が剥がれたりサビが発生するなど、塗装の仕上がりや塗装の耐久性にも影響する大切な工程です。プロタイムズではすべての塗装工事において、手抜き工事を一切しないための様々な独自の工夫を取り入れています。くわしくはこちらをご覧ください。→『工事について』
引渡しなど行う際に何かこちらで行うことはありますか?
後片付けや周辺清掃はこちらで行いますので、ご心配は要りません。 プロタイムズの場合完了検査をお客様と一緒に行い、今回の塗装においての説明と確認を行いますので、立会いをお願いしております。
外壁塗装や屋根塗装をした方の体験談や成功例が知りたいです。
これまでにプロタイムズで外壁塗装・屋根塗装をされたお客様の施工例を多数ご紹介しています。くわしくはこちらをご覧ください。→『お客様からの声』

塗料についてのご質問

塗料のにおいが気になります。また、近隣の方に迷惑でないかどうか気になります。
塗装する際に溶剤系塗料ですと匂いが出る可能性がございます。 水性塗料を使用する場合はシンナー等を利用しないので、匂いの心配はございません。 施工前の近隣挨拶の際、施工会社の担当者に施工内容等をしっかりと説明させましょう。
塗料のにおいなどでアレルギー症状がでる可能性はないのですか?
臭いは水系に比べ溶剤系塗料の方が強いので、特にシンナーに敏感な方は、水系塗料をお勧めします。アステックペイントは有害な揮発性化合物(VOC)が1%以内で施主様はもとより近隣様、また施工者にも優しい塗料です。
塗料で、家の温度を下げることは可能ですか?
遮熱塗料で塗装をすれば室内温度を下げることは可能です。 遮熱塗料は室内温度を下げるだけではなく、夏場の屋根や外壁の表面を下げることで、屋根や外壁に対する環境負荷を軽減させ、耐久性を上げることにも繋がります。 また塗料の色によって、反射率が異なり、遮熱効果も変わってくることもある為、詳細は、専門業者に聞くことをお勧め致します。
塗料の「耐用年数」とは何のことですか。
「耐用年数」は、塗料の耐久性を年数で表したものです。塗料には機能によってたくさんの種類がありますが、耐用年数は種類によって異なります。また、同じ種類の塗料であってもメーカーに寄って耐用年数が異なったり、お住まいの立地状況や使用されている建材によっても異なってくるので、あくまで目安としてお考えください。プロタイムズでは、たくさんの塗料の中からお住まいに最適な5つのプランをご提案しています。
塗装をするには、どのような塗料がオススメですか?
耐久性のある、高品質のものを選ぶといいでしょう。 塗料の違いが建物の寿命を大きく変えてしまいます。 高品質な塗料を用いた塗装と、そうでない塗装とではずいぶん差がでてしまうものです。 一般的に高品質な塗料は高額ですが、寿命が長いので一概に高コストだとは言いきれません。長い目で見ると、むしろ低コストになる場合があります。
水系塗料、溶剤系塗料、どうちがうのでしょうか?
性能的には大きな違いはありませんが、シンナーで希釈する溶剤系塗料は臭いの問題があります。それに対して個人差はありますが水系塗料は、水で希釈するので臭いは大幅に軽減されます。
塗料の量は厚い方がいい?薄いほうがいい?
一度に塗る塗布量、厚さは塗料の種類によって決められています。 厚すぎると不均一の仕上がりが出たり、乾燥不良などを起こす可能性がありますし、薄めすぎると仕上がりが悪くなったり、膜圧の不足などによって、塗料の性能が発揮されないことがありますので、各塗料の規定に従った塗布量が必要になります。
最近よく聞く遮熱塗料って何ですか?
遮熱塗料とは、塗るだけで屋根・外壁面の太陽熱を反射させ、表面温度を最大20度程削減する塗料です。 遮熱塗料とは、夏場の暑さを涼しくさせる効果はありますが、冬場の温度を保温する効果はありませんのでご注意下さい。
プロタイムズのオリジナル塗料「ジーニスコートEX300」はどんな塗料ですか。
「ジーニスコートEX300」は、耐久性・遮熱効果・防水性・防カビ性に優れた高機能塗料です。塗料の天敵である紫外線に強く、長期間にわたって塗装の劣化を防いでくれます。くわしくはこちらをご覧ください。→『ジーニスコートEX300』

プロタイムズについてのご質問

プロタイムズに工事を依頼するにはどうしたらいいの?
プロタイムズの本部へご連絡いただくか、各店舗までお問い合わせ下さい。
見積りをお願いしたいのですが、費用はかかりますか?
無料で承っております。是非他社様と比較しご検討下さいませ。
劣化診断だけでも可能ですか?
可能です。塗り替えを決める前には必ず診断をされることをお勧めいたします。
近くにどの店舗があるかわからない。
こちらからお近くの店舗をお探しいただくか、プロタイムズ本部までお問い合わせ下さい。
見積りを取ったら必ず依頼しなくてはなりませんか?
いいえ、その必要はございません。
保証はありますか?
お住まいの状態や塗料によって3年・5年・7年・10年の保証書を発行させていただきます。
塗る色は自分で決められるのでしょうか?アドバイスはしてくれるの?
塗装する色はお好きな色で決めていただけます。プロタイムズでは、お好きな色などのご要望をお聞きし周辺環境やお住まいのつくりなどを考慮し、カラーシュミレーションで外壁や屋根のご提案をさせていただきます。
不在が多いのですが、塗装工事は進めれるのですか?
最近はご夫婦共に働いてみえるご家庭も多く、週末以外はほとんどご不在です。 帰宅が遅く作業内容が確認できない等の不安がある方は多くいらっしゃいます。プロタイムズでは一日の作業内容やお客様のご要望等を交換日記でご確認いただいております。
工事期間中に盗難にあわないか不安で・・・
塗装工事中は足場と飛散防止シートを設置するため、簡単に登ることができ、何が起こっているのか外からはわかりません。工事中は戸締りを徹底することが大切です。プロタイムズでは防犯センサーライトの無償設置をし、お客様の安全確保に努めます。
雨の日も塗装をするのですか?
雨の日の塗装工事はお休みとなります。塗料の性能を確保するためには乾燥時間など塗料メーカーが指定する仕様を守って施工しなくてはいけません。従って天候によっては作業日程の予定変更が出る場合もあります。
施工中は普段と変わりない生活ができますか?
塗装工事の際、足場と飛散防止シートと設置するため、屋内への日光が少し遮断されます。また、高圧洗浄時には洗濯物を外に干せないため、ご協力をお願いしています。その他は普段通りの生活で大丈夫です。
ご近所への対応はどうしたらいいのですか?
私どもで全てご対応させていただいております。工程表やお知らせ状などを用意し、着工前や施工中など近隣のみなさまへご説明させていただきます。また、毎日の工事内容を記入したボードを設置させていただき、お知らせをします。
完了検査って何をするの?
上塗り塗装が終わり、足場解体前に施主様と工事責任者が立ち会いのもと、塗装工事の出来栄えを確認します。もしも工事に不具合がありましたら、早急にご対応させていただいてます。
アパートやマンションの見積もりも頼めますか?
はい、可能です。一戸建て以外にも、アパートやマンションなどの外壁や屋根の劣化診断もできます。見積もりもご提出します。
屋根は塗らずに、外壁だけを塗ってもらうことはできますか?
はい、可能です。お住まいの劣化診断をし、ご要望に合わせ屋根のみや外壁のみの塗装もご対応できます。ただし、お住まいを守ることを考えると、外壁と屋根を一緒に塗装した方が効率的です。塗装の際、家全体に足場を組みますが、外壁だけ、屋根だけの塗装でも、必ず足場は必要になりますので、別々に施工すると、足場代が二重にかかってしまいます。よく検討してみるとよいでしょう。
いえかるてだけお願いすることはできますか?
はい、可能です。新築時の情報やリフォーム時の情報をお持ちでしたら、蓄積・管理ができます。お気軽にお問い合せください。
他の塗装会社にすでに見積もりをもらっていますが、どれでも見積もりお願いできますか?
喜んで見積もりさせていただきます。会社が違えば、見積もり内容が異なることがあります。プロタイムズでは塗装工事の見積もりに必要な塗装面積がわかる外装リフォーム図面をお届けしますので、ごひ、プロタイムズにもご依頼ください。
劣化診断をしてもらうのに何か用意しておくものはありますか?
お住まいの図面のご用意をお願い致します。お住まいに使われている材料や構造の確認、また、塗装面積を計算するのに必要となります。図面がない場合でも劣化診断はおこなえます。