この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

外壁塗装 寿命

外壁塗装には寿命があります。
残念ながら、永遠にもつ外壁塗装は今のところ開発されていません。

とすると、気になるのは「外壁塗装の寿命は、どのぐらいなのか?」でしょうか。
外壁塗装の寿命は平均10年前後ですが、15年を過ぎてもまだ寿命を迎えていない…というケースもあります。このあたり本章で詳しく解説いたします。

この記事では、その他、
・外壁塗装が寿命を迎えると、どうなるのか
・外壁塗装が寿命を迎えているかを確かめる方法
・知って得する!外壁塗装の寿命を延ばす方法
などについても徹底解説してまいります。

外壁塗装の寿命について調べている方は、ぜひ参考にしてください。

1.外壁塗装には寿命がある?寿命を過ぎると、どうなる?

サイディング 工事

1-1.外壁塗装には寿命がある

外壁塗装には寿命があります。
永遠にもつ外壁塗装は今のところ開発されておらず、いつかは必ずダメになります。

具体的にどのぐらいの寿命があるかというと、平均10年前後です。
ただし、場合によっては平均10年から大きく前後することもあります。詳しくは下記2章にて解説いたします。

1-2.外壁塗装が寿命を迎えると、雨漏りのリスクも

外壁塗装が寿命を迎えると、
① 外壁の美しさを保つ
② 紫外線や雨などから外壁を守る
といった外壁塗装の性能が失われます。

「①外壁の美しさを保つ」性能が失われると…
汚れや傷みが目立つ、みすぼらしい外壁となります。

「②紫外線や雨などから外壁を守る」性能が失われると…
外壁は紫外線によるダメージをダイレクトに受けるようになります。そして、非常にやっかいなのが、防水性を失った外壁塗装が雨水の浸入を許すようになることです。浸入した雨水が外壁に浸み込むと腐食が進み、加速度的に劣化が進行します。
つまり、外壁塗装が寿命を迎え紫外線や雨などから外壁を守る性能が失われると、紫外線や雨水などによって、外壁はあっという間にダメになってしまうのです。

さらに、頭に入れておいていただきたいのは、
外壁塗装が寿命を迎えると、住まいの寿命を縮めてしまうリスクも生じるということです。
防水性を失った外壁塗装から浸入した雨水が、外壁よりさらに奥の躯体にまで浸み込むと、カビやシロアリ、雨漏りが発生したり、躯体が腐食したりすることで、住まいが早々に寿命を迎えてしまうことも十分に考えられるのです。

※こうした事態を防ぐためには、外壁塗装が寿命を迎える前に、再び外壁塗装(塗り替え)をする必要があります。再び外壁塗装をすれば、外壁塗装の寿命はリセットされ、外壁塗装の性能を維持できます。

塗装の意味は?必要性は?|塗装すべきか迷っている方へ

 

2.外壁塗装の寿命は何年くらい?

この章では、「外壁塗装の寿命が何年くらいなのか?」について具体的に解説いたします。

2-1.外壁塗装の寿命は平均10年

ずばり、外壁塗装の寿命の平均年数は10年です。
そのため、「前回の外壁塗装をしてから、そろそろ10年」といった場合には、外壁塗装が寿命を迎える時期である可能性が高いです。

ただし、前回の外壁塗装時に使用した塗料などによっては、外壁塗装の寿命が10年から大きく前後することもあります。「自身の住まいの外壁塗装の寿命を、より正確に知りたい」という方は、以下2-2を参照ください。

2-2.使用塗料から外壁塗装の“より正確な寿命”が見極められる

各塗料製品には耐久性の指標として「耐久年数」が明示されています。この塗料製品の耐久年数=外壁塗装の寿命です。
そのため、前回の外壁塗装時に使用した塗料製品の耐久年数をチェックすれば、より正確性の高い外壁塗装の寿命がわかります。

たとえば、
耐久年数15年の塗料製品を使用していた場合⇒外壁塗装の寿命はおおよそ15年
耐久年数7年の塗料製品を使用していた場合⇒外壁塗装の寿命はおおよそ7年
というわけです。

[▼(前回の外壁塗装時に使用した)塗料製品の耐久年数の調べ方]

・使用した塗料製品がわかる場合
塗料メーカーのHPをチェックする、塗料メーカーに問い合わせをするなどして耐久年数を調べることができます。

・何もわからない場合
前回の外壁塗装時の書類が何か残っていないか探してみてください。書類の中に何か手がかりが見つかるかもしれません。
もしくは、外壁塗装工事をした業者に確認をしてみるという方法もあります。

・塗料の種類だけわかる場合
シリコン塗料、無機塗料などの塗料の種類がわかる場合は、おおよその耐久年数を見当づけることは可能です(下記表を参照)。
ただし、塗料の耐久年数は製品によって異なるため、場合によっては下記の年数と大きく異なることもあります。そのため、下記の年数はあくまで参考情報として活用いただき、最終的には塗料製品の耐久年数を確認していただくのが間違いありません。

塗料の種類耐久年数
アクリル塗料約3~5年
ウレタン塗料約5~7年
シリコン塗料約7~10年
ピュアアクリル塗料約15年~
フッ素塗料約15年~
無機塗料約15年~

外壁塗装は築何年目にするのが良いの?ベストなタイミングはいつ?

2-3.[ 重要 ]外壁塗装の寿命は大きく前後することも

外壁塗装の寿命は上記の通りですが、様々な要因によって大きく前後することがあります。

[外壁塗装の寿命が前後する要因]

●外壁塗装工事

外壁塗装工事の良し悪しは、外壁塗装の寿命に大きく影響します。
上記の通り、塗料製品の耐久年数=外壁塗装の寿命ですが、仮に塗料メーカーの規定を守らないずさんな外壁塗装工事をすれば、塗料製品本来の耐久性は保たれず、外壁塗装が早々に寿命を迎えてしまう可能性があります。また、塗装業者に悪気はなくとも、知識や経験の不足により、たとえば外壁材の種類、外壁材の状態の見極めを誤って外壁塗装工事をするなどして、本来の外壁塗装の寿命を縮めてしまうこともあるのです。
そのため、外壁塗装工事を依頼するときには、確かな工事ができる知識と経験のある塗装業者に依頼をすることが重要です。このあたり詳しくは下記4-2で解説いたします。

●住まいの立地環境
以下のような場所に住まいがある場合、外壁塗装の寿命は早まる傾向にあります。

・紫外線や雨・風などを遮るものがない
(隣接している建物がない、まわりが田んぼ・畑・空地 など)

外壁塗装の劣化要因である紫外線や雨、風などを受けやすい環境に住まいがあると、外壁塗装の劣化の進行スピードが速くなり、外壁塗装の寿命も早まってしまうことがあります。

・川・池などが近い
近くに川や池などがあると、外壁塗装に藻やコケなどが発生しやすくなります。藻やコケは外壁塗装の劣化の進行スピードを速めるため、外壁塗装の寿命も早まってしまうことがあります。

・沿岸部(海が近い)
塩分は外壁塗装に様々な悪影響を及ぼすため、外壁塗装の寿命が早まってしまうことがあります。

・工場地帯
工場で生産・製造しているものによっては、外壁塗装の寿命が早まってしまうことがあります。

●必要に応じたメンテナンス
外壁塗装の洗浄、劣化したシーリング補修などのメンテナンスを必要に応じて施すと、外壁塗装の寿命を延ばせることも。このあたり詳しくは下記4-1を参照ください。

 

3.「現時点で外壁塗装が寿命を迎えているか」を確かめる方法

「現時点で、住まいの外壁塗装が寿命を迎えているかどうか知りたい」という方もいるでしょう。

現時点で外壁塗装が寿命を迎えているかどうかは、外壁塗装にあらわれる劣化症状で判断ができます。外壁塗装に以下のような劣化症状が見られる場合は、そろそろ外壁塗装の寿命 or 外壁塗装の寿命を過ぎている可能性が高いです。

▼以下のような劣化症状が見られる場合、外壁塗装の寿命が過ぎている可能性あり!

著しいチョーキング
(手で触ると粉状のものが付着する状態)

色あせ

色あせ

幅0.3mm以上のひび割れ

無数の傷がある

白サビ

サビの発生

著しい藻・コケの発生

外壁塗装 膨れ

塗膜の膨れ

塗膜のはがれ

「もしかすると外壁塗装の寿命を迎えているのでは…?」
「自身で見極めるのは難しい」
といった場合は、プロに確かめてもらうのがオススメです。

外壁塗装を診るだけなら無料で対応してくれる塗装業者も少なくなりません。
本サイトを運営している株式会社アステックペイントの住宅塗装のサービスブランド「プロタイムズ」でも、“外壁塗装の無料診断”を実施しています。無料診断に興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「外壁塗装に診断は必要?」に塗装専門家がズバリ答えます!

4.知って得する!外壁塗装の寿命を延ばす方法

外壁塗装には寿命がありますが、外壁塗装をできるだけ長持ちさせることはできます。

以下、
・既存の外壁塗装の寿命を延ばす方法(4-1)
・これから施工する外壁塗装の寿命を延ばす方法(4-2)
に分けて、ご紹介します。

4-1.既存の外壁塗装の寿命を延ばす方法

ここでは、すでに施工済の外壁塗装をできるだけ長持ちさせる方法をご紹介します。

すでに施工済の外壁塗装を長持ちさせるのには、必要に応じたメンテナンスが有効です。

[外壁塗装の寿命を延ばすメンテナンス]

◎外壁塗装の洗浄
外壁塗装は時間の経過とともに少しずつ汚れていきますが、この汚れが、劣化の進行スピードを速め、外壁塗装の寿命を早める原因となってしまうことが。そのため、汚れた外壁塗装を洗浄してキレイにすることで、外壁塗装の寿命を延ばせることがあるのです。汚れの中でも 特に“塩分”は外壁塗装に悪影響を及ぼすため、海沿いにお住まいの場合には、外壁塗装の洗浄が外壁塗装の寿命を延ばすのに非常に有効です。

ちなみに、自身で洗浄をする際には、外壁塗装を傷つけないよう、やわらかい布やスポンジなどで軽くこすって、流水で洗い流してください。硬いブラシなどで強くこすったりすると、外壁塗装が傷ついてしまう可能性があるため注意が必要です。
汚れが簡単に落ちない場合、高所作業が必要となる場合(高所に汚れがある場合)は、プロに依頼をするのがオススメです。詳しくは、下記記事を参考にしてください。

外壁の汚れが気になる人必見!簡単に外壁の汚れを洗浄する方法!

◎劣化したシーリング(コーキング)の補修
外壁塗装の寿命を延ばすのに、劣化したシーリング(コーキング)の補修は必須です。
シーリングは劣化すると防水性を失っていき、雨水の浸入を許すようになります。雨水が外壁にまで浸み込むと、その表面に施されている外壁塗装もろともダメになってしまうことに。
劣化したシーリングを補修すれば、雨水が浸入することはないため、外壁はもちろん外壁塗装の寿命が早まるのを防げる(外壁塗装の寿命を延ばせる)というわけです。

※シーリング(コーキング)とは?
外壁と外壁の間、外壁と窓をつなぐ接合部に使うゴム状の材料のこと。日本で使用されている多くの外壁には、このシーリングが使用されています。シーリングが使用されていない外壁は、木材や樹脂系サイディングなどです。

▼シーリングに以下のような劣化症状がみられると、防水性を失っているサイン。
補修が必要なタイミングです。

ひび割れ

破断

剥離

シーリング(コーキング)の補修について詳しくは、下記記事を参考にしてください。

外壁のコーキングを補修する際の費用相場と注意するポイント

4-2.これから施工する外壁塗装の寿命を延ばす方法

ここでは「これから外壁塗装をしようと思っている」という方に向けて、外壁塗装をできるだけ長持ちさせる方法をご紹介します。

◎耐久性の高い(耐久年数の長い)塗料で外壁塗装をする
耐久性が高い(耐久年数が長い)塗料製品を選べば、外壁塗装をできるだけ長持ちさせることができます。

塗料の耐久年数は製品によって異なるため例外も多々ありますが、塗料の種類で言うと、ピュアアクリル塗料やフッ素塗料、無機塗料などが、耐久性が高い傾向にあります。また、外壁塗装で最もよく使用されるシリコン塗料にも、近年、ピュアアクリル塗料やフッ素塗料などと同等の耐久性を有する製品が登場しています。

[参考]塗料の種類別!耐久年数

塗料の種類耐久年数
アクリル塗料約3~5年
ウレタン塗料約5~7年
シリコン塗料約7~10年
ピュアアクリル塗料約15年~
フッ素塗料約15年~
無機塗料約15年~

さらに、余力があれば、塗料の付加性能もチェックしておきたいところ。
塗料は製品によって、防汚性、防水性、遮熱性、防藻・防カビetc…異なる性能をもっていますが、この性能にもこだわって塗料を選ぶことで、外壁塗装の寿命をできるだけ長くすることができることも。

たとえば、外壁塗装の寿命を早める要因がある場合には、その要因に対抗できるような性能のある塗料を選ぶのも一つの手です。
・住まいが沿岸部なので、塩害を防ぐために防汚性に優れた塗料を選ぶ
・川沿いに住まいがあるので、防藻・防カビの性能がある塗料を選ぶ など

付加性能については専門性が高く内容も難しいため、上記情報も参考に、塗装業者に相談をして選ぶと良いでしょう。

◎優良業者に外壁塗装を依頼する
2-3でお伝えした通り、外壁塗装の寿命が縮むのを防ぐ(外壁塗装の寿命をできるだけ長くする)ためには、確かな外壁塗装工事ができる知識と経験のある優良な塗装業者に依頼をすることも重要です。

もしかすると、「とはいえ、どの塗装業者に依頼をしても、大差ないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。もちろん、多くの塗装業者が確かな外壁塗装工事をしてくれるはずですが、残念ながら、なかには、
・悪徳業者
・悪気はないが、知識や経験が不足している業者
も存在します。
こうした塗装業者にうっかり依頼をしてしまうと、塗料メーカーの規定を守らない、何等かのミスを起こすなどして、外壁塗装の寿命が縮まってしまうリスクが大きく高まるため、やはり塗装業者はしっかりと見極めるに越したことはありません。

では、優良な塗装業者をどうやって見極めればよいかというと、
ポイントとなるのは、
・外壁塗装の診断内容
・見積書
などです。詳しくは、下記記事を参考にしてください。

【塗装業者の見極め方】8つのステップで信頼できる業者を選ぼう!

まとめ

外壁塗装には寿命があります。現時点で、未来永劫もつような外壁塗装は存在しません。

外壁塗装が寿命を迎えると、「外壁の美しさを保つ」「紫外線や雨などから外壁を守る」といった外壁塗装の性能が失われます。その結果、汚れや傷みの目立つみすぼらしい外壁となるほか、外壁自体もあっという間にダメになります。さらには、住まいの寿命すら蝕んでしまう可能性も。

こうした事態を防ぐためには、外壁塗装が寿命を迎える前に再び外壁塗装をする必要があります。具体的に、「外壁塗装が寿命を迎える時期とはいつか…?」については、2章で詳しく解説しています。平均は外壁塗装をしてから10年前後ですが、使用した塗料製品や立地環境などによって大きく前後することもあります。

また、この記事の最後では、外壁塗装の寿命をできるだけ長くする方法についてもご紹介しておりますので、あわせて参考にしてください。