この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

中古住宅

中古住宅の外壁塗装を検討している人は少なくないでしょう。

中古住宅に長く安心して住むためには、定期的な外壁塗装が必要です。
外壁塗装が必要となる時期は、「築10年前後」or「直近の外壁塗装から10年前後」が目安。より正確に塗装時期を見極める方法については、本章で詳しく解説いたします。

この記事では、
・中古住宅に長く安心して住むために、定期的な外壁塗装が必要な理由
・中古住宅の“外壁塗装が必要な時期”を見極める方法
・塗料選び・色選び・外壁塗装費の知識まとめ
など、中古住宅の外壁塗装を検討中の人が気になる情報を全解説いたします。

さらに、現在、中古住宅を購入前の人に向けて、購入前にやっておくと安心な、
・外壁塗装歴の確認
・インスペクション(建物状況調査)

に関する情報もご紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

1.中古住宅に長く安心して住むために、定期的な外壁塗装が必要な理由

中古住宅には、定期的な外壁塗装が必要です。
なぜならば、定期的に外壁塗装をしなければ、外壁は防水性を失い、中古住宅の内部に雨水を浸入させてしまう恐れがあるためです。

詳しく解説しましょう。
外壁は時間の経過とともに劣化が進行し、防水性を失っていきます。そのため、外壁の防水性を維持するためには、防水性が失われてきたタイミングで外壁塗装をする必要があるのです。

仮に、外壁塗装をしなければ、どうなるかというと…
防水性を失った外壁は、雨水の浸入を許すようになります。雨水の浸入を許した外壁材は、雨水が浸み込んで腐食が進み、あっという間にダメになるでしょう。
さらに、雨水が住宅の内部にまで浸み込むようになると、雨漏りやカビ、シロアリなどを発生させてしまう可能性も。そして、雨漏りやカビ、シロアリなどによって住宅の躯体が大きなダメージを受けるようなことになれば、住宅は耐久性を維持できず、早々に寿命を迎えてしまうことも十分考えられるのです。

つまり、
・外壁材が早々にダメになる
・雨漏り・カビ・シロアリなどが発生する
・中古住宅が早々に寿命を迎える
といった事態を防ぐためには、定期的な外壁塗装が必須というわけです。

外壁塗装をして得られるメリットは、傷んだ外観がキレイになることだけではありません。
上記のような事態を防ぎ、中古住宅に安心して長く住むためには、定期的に外壁塗装をする必要があるのです。

外壁塗装は必要ない!?見た目がわるい以外の雨漏りリスクなどを解説

 

[補足]定期的な外壁塗装が不要な中古住宅もある

多くの中古住宅は定期的な外壁塗装が必要ですが、一部、外壁塗装が不要な中古住宅もあります。それは、塗装が不要な外壁材を使用した中古住宅です。
具体的には、中古住宅の外壁材が下記いずれかの場合、外壁塗装は不要です

▼外壁塗装の必要がない外壁材
・タイル
・レンガ
・樹脂系サイディング

とはいえ、上記の外壁材を使用した住宅は、日本では非常に稀です。一見すると外壁材がタイルやレンガのように見えても、実際には窯業系サイディング等であることがほとんどです。

※上記の外壁材は、塗装は不要ですが、メンテナンスフリーというわけではありません。塗装以外の補修メンテナンスは必要です。

外壁材の種類|選び方&オススメの外壁材、補修方法までプロが解説!

 

★中古住宅の屋根も定期的に塗装が必要です。
※屋根が粘土瓦(陶器瓦・いぶし瓦)の場合、塗装は不要です。

屋根塗装まとめ|塗装の必要性・価格・塗料選びまで[2021年版]

 

2.中古住宅の“外壁塗装が必要な時期”を見極める方法

「いつ外壁塗装をするのが良い?」
「中古住宅の購入後すぐに外壁塗装すべき?」
など、中古住宅の外壁塗装が必要な時期について疑問をお持ちの方も多いのでは。

この章では、中古住宅の外壁塗装が必要な時期を見極める方法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.「築年数」or「外壁塗装歴」で外壁塗装が必要な時期の目安がわかる

中古住宅の「築年数」or「外壁塗装歴」から、外壁塗装が必要な時期の目安がわかります。

〇築年数


外壁塗装が必要となる時期は、築10年前後が目安です。
そのため、中古住宅の築年数が10年以上経過している場合、外壁塗装が必要な時期を迎えている可能性が高いです。
※中古住宅に外壁塗装歴がある場合には、築10年以上が経過していても、塗装が必要な時期ではない可能性があります。詳しくは、下記の「外壁塗装歴」をご覧ください。

外壁塗装は築何年目にするのが良いの?ベストなタイミングはいつ?

〇外壁塗装歴

中古住宅に外壁塗装歴がある場合、外壁塗装が必要となる時期は、築年数に関係なく、直近の外壁塗装から10年前後が目安となります。

直近の外壁塗装時に使用した塗料製品がわかれば、さらに正確に、外壁塗装が必要となる時期の目安がわかります
各塗料製品には耐久性の指標として、「耐久年数(耐候年数)」が明示されています。この耐久年数とは、塗料の寿命のこと。つまり、外壁塗装をしてから塗料製品の耐久年数が経過したあたりが、次に外壁塗装が必要となる時期の目安というわけです。
例)直近の外壁塗装時に「耐久年数15年の塗料製品」を使用していた場合
⇒次に外壁塗装が必要となるのは、外壁塗装をしてから15年前後が目安

※中古住宅の外壁塗装歴や使用した塗料製品を調べる方法
中古住宅購入前の場合⇒下記4-1を参照ください。
購入後の場合⇒購入時の資料等に記載がないか確認をしてみてください。住宅履歴情報(いえかるて)がある場合には、住宅履歴情報を確認すると良いでしょう(住宅履歴情報について詳しくは、下記4-1を参照ください)。それでもわからない場合には、仲介の不動産会社等に聞いてみるとわかるかもしれません。
※塗料製品の名称がわかれば、「塗料製品の耐久年数」は各塗料メーカーのホームページ等で調べることができます。

外壁塗装が必要となる時期は、外壁の種類や周辺環境(気候や日当たり、周囲に工場があるか、沿岸地域かどうかなど)によって、上記の目安から大きく前後することもあります。より正確に外壁塗装の時期を見極める方法については下記2-2&2-3にて解説しています。

2-2.「外壁の劣化症状」を確認すれば、外壁塗装が必要な時期が正確にわかる

外壁にあらわれる劣化症状を確認することで、中古住宅の外壁塗装が必要な時期を正確に見極めることができます。

具体的には、外壁に下記のような劣化症状がみられる場合には、早々に外壁塗装が必要な可能性大です。

著しいチョーキング
(手で触ると粉状のものが付着する状態)

外壁塗装 寿命

色あせ

幅0.3mm以上のひび割れ

無数のキズがある

白サビ

サビの発生

コケ・藻の発生

外壁塗装 膨れ

塗膜の膨れ

塗膜のはがれ

上記の劣化症状は、外壁の防水性が失われてきているサイン。このまま外壁塗装をせずに放置し続けると、1章でご紹介したように、外壁材がダメになる、雨漏り・カビ・シロアリなどが発生するなどして中古住宅に甚大な被害が及んでしまうこともあるため、早々に外壁塗装を検討することをオススメします。

※外壁材の種類によっては、あらわれる劣化症状の様子が上記写真と異なることもあります。
※劣化の進行具合等によっては、外壁塗装以外の補修(カバー工法・張り替えなど)が必要となることもあります。

2-3.塗装のプロに外壁塗装が必要な時期を見極めてもらう方法もある

塗装業者に外壁を診てもらい、外壁塗装が必要な時期を見極めてもらう方法もあります。
当然、プロに見極めてもらった時期が、一番確かで間違いありません

そのため、外壁塗装の時期について不安や疑問がある場合には、ひとまず塗装業者に診てもらうのがオススメです。

2-1や2-2で外壁塗装が必要な時期を見極める方法をご紹介しましたが、
「もう少し様子見でも問題ないような気がするが、自分の判断に自信がない」
「専門家の意見も聞いてみたい」
「劣化症状を見てみたが、よくわからない」
といった場合にも、塗装業者に診てもらうのが良いでしょう。

塗装業者に外壁を診てもらえば、
・すぐに外壁塗装が必要か or しばらく様子見でも問題ないか
・いつ頃、外壁塗装をするのがベストか
などがはっきりします。

また、塗装業者に外壁を診てもらうと、
・外壁の劣化の進行具合(雨漏りなどの発生リスク)
・外壁塗装にかかる費用(見積額)
などもわかるため、より現実的に外壁塗装を検討することができるはずです。

本サイトを運営している株式会社アステックペイントの住宅塗装のサービスブランド「プロタイムズ」では、外壁の劣化症状・外壁塗装の必要時期などを診断する“外壁の無料診断”を実施しています。

診断を受けたからといって、必ずしも外壁塗装をしなければならないということはありません。中古住宅に長く安心して住むためにも、気になることや不安に思うことがあれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

「外壁塗装に診断は必要?」に塗装専門家がズバリ答えます!

2-4.中古住宅を購入するタイミングで外壁塗装をするのもオススメ

中古住宅を購入するタイミングでの外壁塗装には、様々なメリットがあります。

【中古住宅を購入するタイミングで外壁塗装をするメリット】
・新築のようなキレイな外観の住宅で新生活をスタートできる
・しばらくは外壁塗装の心配をしなくて良い
・時間や手間のかかることを、購入時にまとめて終わらせられる

「中古住宅を購入するタイミングで、絶対に外壁塗装をしなければならないか」というと、もちろん、そんなことはありません。2-1&2-2の時期に外壁塗装をすれば問題はありません。
しかしながら、中古住宅を購入するタイミングでの外壁塗装には様々なメリットがあるため、購入のタイミングで外壁塗装をするのもオススメです。

[参考]引っ越し前に外壁塗装すべき?引っ越し後でも問題ない?

中古住宅を購入するタイミングで外壁塗装をする場合、外壁塗装をするのは“引っ越し前 or 引っ越し後のどちらが良いか”で迷う人は少なくないでしょう。

大前提として、どちらでも、問題なく外壁塗装をすることはできます
“どちらにするのが良いか”については、人によって異なります

外壁塗装工事中は、
・塗料のニオイがする
・窓を自由に開けられなくなる
・工事期間中(2週間くらい)、住宅のまわりに職人が常駐している
といった状態となるため、何らかのストレスを感じてしまう人もいます。
そのため、こうした状態の住宅で生活をすることに不安を感じる場合には、引っ越し前に外壁塗装を済ませておくのがオススメです。

一方で、「外壁塗装工事の過程や進捗を、日々しっかり見守りたい」といった場合には、引っ越し後に外壁塗装をするのが良いでしょう。
また、外壁塗装をする場合、一般的に「足場設置前の現場確認」と「完了検査」のタイミングには消費者(施主)に立ち会いが求められます(※詳細は下記記事を参考にしてください)。そのため、引っ越し先(外壁塗装をする中古住宅のある場所)が、(引っ越し前の住宅等から)遠方といった場合には、引っ越し後に外壁塗装をする方が都合が良いこともあります

外壁塗装中は留守にしても大丈夫!安心して工事を見守る方法も紹介!

 

3.中古住宅の外壁塗装 ~塗料選び・色選び・外壁塗装費の知識まとめ~

この章では、中古住宅の外壁塗装をするうえで押さえておきたい
・塗料選び
・色選び
・外壁塗装費
に関する知識をご紹介します。

3-1.塗料選び|外壁塗装の塗料を選ぶ4つのポイント

外壁塗装をする場合、塗装業者が数種類の塗料を提案してくれますが、「どの塗料を選べばよいかわからない」という人も少なくありません。そこで、ここでは、中古住宅の外壁塗装の塗料を選ぶポイントを4つご紹介します。

下記4つのポイントについて検討することで、選ぶべき塗料が見えてくるはずです。

[外壁塗装の塗料を選ぶ4つのポイント]

■耐久年数(耐候年数)
外壁塗装の寿命に大いに関係する塗料の耐久年数は(※2-1を参照)、塗料選びの重要なポイントの一つです。
塗料の耐久年数は塗料によって様々ですが、平均は10年前後です。外壁塗装の頻度を抑えたい場合には、耐久年数15年~など、耐久年数の長い塗料を選ぶと良いでしょう
また、同時に屋根も塗装する場合には、次回も(屋根と外壁を)同じタイミングで塗装できるよう、同じくらいの耐久年数の外壁用塗料と屋根用塗料を選ぶのがオススメです。

■性能
賢く塗料を選ぶならば、塗料の性能も注視したいところ。
塗料の性能は、防汚性、遮熱性、防藻・防カビ性など様々あり、どの性能を備えているかは塗料によって異なります。また、防汚性と遮熱性など、複数の性能をあわせ持つ塗料も少なくありません。
どの性能を持つ塗料を選ぶのが良いかは、消費者(施主)の要望はもちろん、中古住宅の状態、立地・環境(気候や日当たり、周囲に工場があるか、沿岸地域かどうかなど)などによっても変わってくるため、塗装業者と相談をして決めるのが良いでしょう

■価格
言わずもがな、塗料の価格も塗料選びのポイントになります。
塗料の価格は幅広く、5,000円/缶~の塗料もあれば、120,000円/缶~の塗料もあります(※一般的な2階建て住宅の場合、使用する塗料の缶数は2~4缶が目安です)。そのため、選ぶ塗料によって、外壁塗装にかかる費用が大きく変動することも。
とすると、「できるだけ安価な塗料を…」と考える人もいるでしょう。もちろん、安価な塗料を選ぶこと自体に問題はありません。しかしながら、“安さだけ”を基準に塗料を選ぶのはオススメしません。塗料の価格は、一般的に「耐久性が高い」「性能が高い」ほど、高額になる傾向にあります。つまり、安価で耐久性が低く性能も低い塗料を選ぶと、再び早々に外壁塗装が必要となる=外壁塗装の頻度が増えることになるため、かえって外壁塗装にかかる費用が高くつくことになる可能性があるということです。
価格重視で塗料を選びたい場合にも、上記でご紹介した耐久性や性能もあわせて考えることをオススメします

■色(カラー)

実は、塗料によってカラーラインナップは違います。たとえば「塗料Aにある色が、塗料Bにはない」こともあるのです。人気の外壁塗装色であるベージュなどの色は多くの塗料がラインナップしていますが、色の微妙なニュアンスにまでこだわりたい場合や、奇抜な色を選びたい場合には、それだけで塗料の選択肢がグッと絞られることも
そのため、外壁塗装に使用したい塗料の色が明確にある場合には、塗装業者に相談をして、その色をラインナップしている塗料を提案してもらうのがオススメです。
※塗料の色選びについて詳しくは、下記3-2を参照ください。

外壁塗料の選び方をプロが解説!塗料の種類&価格&色&業者まで全部わかる!

3-2.色選び|色選びの方法&人気カラー

外壁色

外壁塗装の色選びに迷う時には、まずは、下記どちらのアプローチで外壁塗装がしたいかを考えてみるのがオススメです。
・これまでと同じテイストの色の塗料を選んで外観を一新する
・これまでとは全く異なる色の塗料を選んで住宅の印象をガラリと変える

また、様々な住宅の外観を見てイメージを膨らませてみるのも良いでしょう
※住宅の外観を見る方法は、実際に近隣等の住宅を見てみる、塗装業者のホームページ等で施工事例をチェックする、インターネットで検索するなど、色々あります。

様々な住宅の外観を見てみると、「どんな外観の住宅にしたいか」「どんな系統の色が好みか」などがわかってくるため、どんな色を選ぶのが良いかも見えてくるはずです。

[参考]外壁塗装の人気カラー

外壁塗装では、ベージュなどの中間色が人気です。

※出典:アステックペイント

 

※奇抜な色で外壁塗装をしたい場合は要注意!
住宅の外観は、その街の景観の一部でもあります。そのため、奇抜な色で外壁塗装がしたい場合、「街の景観を崩してしまう可能性はないか」については、よくよく検討するべきです。場合によっては、奇抜な色を使用する面積を小さくするなどの配慮は必要でしょう。
また、地域によっては、屋根や外壁の色彩等に規制が設けられている(景観ガイドライン)こともあるため、周辺と異なる色で外壁塗装をしたい場合等には、事前に確認するようにしてください。

外壁色に迷ったら!2020年最新の人気色と組み合わせTOP20

【外壁塗装の色選び】人気の組合せとプロが選ぶ配色9選

3-3.外壁塗装費|中古住宅の外壁塗装にいくらかかる?

外壁塗装 値引き

中古住宅の外壁塗装にかかる費用相場は、下記の通りです。

■中古住宅の外壁塗装にかかる費用相場
80~150万円(一般的な2階建て住宅・塗装面積200㎡の場合)
※屋根塗装含まず

 

※上記はあくまで相場価格です。
※外壁塗装の費用は、「塗装面積(外壁の広さ)」「使用する塗料の種類(※3-1を参照)」「劣化の進行具合(必要な補修内容)」などによって大きく異なります。場合によっては、かかる費用が上記と大きく異なることも考えられます。
※あわせて屋根塗装も行なう場合、別途、屋根塗装の費用がかかります。

2020年版|外壁塗装の費用相場は?単価&見積りをプロが解説!

外壁塗装は値引きできる?値引き交渉術&お得に外壁塗装をする方法

屋根塗装の相場はいくら?【2021年更新版】

 

4.中古住宅を購入前の人へ|購入前にやっておくと安心な塗装歴の確認&インスペクション

現在、中古住宅の購入前の段階という場合には、中古住宅を購入する前に、
・外壁塗装歴の確認
・インスペクション(建物状況調査)
をしておくと安心です。

4-1.外壁塗装歴の有無は要チェック

中古住宅を購入する前に、外壁塗装歴の有無は確認しておきましょう

外壁塗装歴ありの場合には、下記内容まで確認をしておくと、今後の外壁塗装を計画・実施するときに役立ちます。
・直近の外壁塗装の実施年月
・直近の外壁塗装時に使用した塗料製品
・塗装工事を実施した塗装業者
・直近の外壁塗装以前にも塗装歴があるか(外壁塗装を何回実施しているか)

外壁塗装の実施内容に関する書類など(見積書、施工写真など)が残っている場合には、それらの書類なども共有してもらうと良いでしょう。

★住宅履歴情報(いえかるて)を活用している住宅の場合、外壁塗装歴や塗装内容は住宅履歴情報に記録されています。

住宅履歴情報(いえかるて)とは、住宅のつくり・性能、点検・修繕・リフォームなどの記録を保存・蓄積したものです。

この住宅履歴情報を活用している住宅の場合、外壁塗装歴や塗装内容は住宅履歴情報にて確認ができます。

住宅によっては、住宅履歴情報を活用していない場合もあります。住宅履歴情報を活用していない住宅がNGというわけではありませんが、住宅履歴情報を活用している住宅ならば過去の点検結果や、外壁塗装以外のリフォームの履歴や内容なども明確にわかるため、より安心して購入できることは間違いありません。

※参考:国土交通省HP

4-2.インスペクション(建物状況調査)を実施するのもオススメ

安心して中古住宅を購入するために、購入前にインスペクション(建物状況調査)を実施するのもオススメです。

インスペクション(建物状況調査)とは…
建築士(国土交通省の定める講習を修了した建築士)が行なう、建物の「構造耐力上主要な部分(基礎、壁など)」および「雨水の浸入を防止する部分(屋根、外壁など)」に生じている劣化・不具合の状況を把握するための調査です。

 

インスペクションを実施して、中古住宅の状態を調査してもらうことで、より安心して中古住宅を購入することができます。

※参考:国土交通省HP

 

まとめ

中古住宅に安心して長く住むためには、定期的な外壁塗装が必須です。

中古住宅の外壁塗装が必要となる時期は、「築10年前後」or「直近の外壁塗装から10年前後」が目安。より正確に塗装時期を見極める方法としては、「外壁にあらわれている劣化症状をチェックする」「塗装のプロに外壁を診てもらう」といった方法があります。

この記事では、中古住宅の外壁塗装をするうえで押さえておきたい塗料選び・色選び・外壁塗装費に関する知識もまとめて解説しています。

さらに、購入前にやっておくと安心な「外壁塗装歴の確認」「インスペクション(建物状況調査)」に関する情報もご紹介しております。現在、中古住宅の購入前という人は、こちらの情報も、ぜひ参考にしてください。