トップ住宅リフォーム・塗装業界を知る住宅リフォーム・塗装業界で働く魅力

住宅リフォーム・塗装業界で働く魅力Attractiveness to work in the painting industry

魅力1住宅リフォーム・塗装市場は今後さらに拡大傾向!

住宅リフォーム市場の拡大 ≒ 塗装市場の拡大!

今後、住宅リフォーム・塗装工事の仕事は増加!
多くの人にチャンスが生まれる!

政府の後押しを受け、住宅リフォーム市場は、今後さらに市場が拡大していくことは、まず間違いありません。
そして、住宅リフォーム市場における塗装市場規模は、22. 9%と高い割合を占めています。そのため、住宅リフォーム市場が拡大すればするほど、塗装市場も大きくその市場規模が拡大することになります。
塗装の市場規模が拡大するということは、つまり、塗装工事の仕事が増えるということです。
塗装工事の仕事が増えれば、塗装工事に携わる多くの人にチャンスが生まれることになります。チャンスの多い業界というのは、働いていくうえで、一つの大きな魅力と言えるでしょう。

「住宅リフォーム市場の拡大」が予測できる理由

平成21年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、日本の住まいの考え方は、それまでの“30年程度で建て替える住まい”から、“長く大切に使う住まい”へ大きくシフトしました。長く大切に住まいを使うためには、きちんとした手入れが必要不可欠なことから、住宅リフォームの重要性は改めて見直されることとなりました。

さらに平成28年6月、政府は「日本再興戦略2016」を閣議決定し、リフォーム市場の活性化を図り、2025年までに市場規模を12兆円(2015年は約7兆円)に拡大することを目指すとしています。

こうした政府の後押しもあることから、確実な予測結果として、リフォーム市場の拡大を捉えることができるのです。

住宅リフォーム市場規模推移と予測

住宅リフォーム市場規模推移と予測
出典:矢野経済研究所(http://www.yano.co.jp/press/pdf/1555.pdf)
トータルマーケティングファーム矢野経済研究所の発表でも、2020年のリフォーム市場規模は7.3兆円(2015年比約12%増)、2025年は7.4兆円(2015年比約14%増)と、リフォーム市場は拡大傾向であることが予測されています。

魅力2景気に左右されにくいため安定して働ける!

塗装工事は定期的に必ず発生するため、食いっぱぐれる心配がない!

塗装工事は定期的に必ず発生するため、
食いっぱぐれる心配がない!

住まいを長く大切にするためには、定期的な塗装メンテナンスは必要不可欠です。そのため、塗装工事は、たとえば景気の良し悪しや、消費者の嗜好の変化などによって発生する案件数が大きく変わることがなく、安定した経営が可能な事業と言えます。

さらに、先述の通り、日本の住まいへの考え方は「30年程度で建て替える住まい」から「長く大切に使う住まい」へシフトしており、住まいのメンテナンスとして塗装工事を検討する層はますます増えるでしょう。そうすると、今後、さらに確固たる案件発生が見込めるため、塗装事業はますます安定した経営基盤を築くことができるはずです。

魅力3新しいことにチャレンジできるフィールドがある!

団塊世代の大量退職により若手~中堅層に活躍の場が広がる!

団塊世代の大量退職により
若手~中堅層に活躍の場が広がる!

塗装業界に飛び込むなら、今がチャンスと言えるかもしれません。なぜならば、いま、塗装業界は団塊世代の退職期を迎えているからです。
塗装業界の場合、団塊世代の層が厚いために、団塊世代が担っていた数多くのポジションが空くことになります。そのため、いま塗装業界に飛び込めば、重要なポジションに就くチャンスがあります。

そして、これまで団塊世代が塗装業界の中心にあったこともあり、塗装業界全体としては、まだまだ古い体質の残る業界とも言えます。つまり、言い換えれば、塗装業界には、まだ誰もやったことのない新しいことのできるフィールドが存分に残っているということです。
若手~中堅層だからこそ考えつく新しいアイデアで勝負できる、そしてチャンスが大いにあるということは塗装業界の魅力の一つでしょう。

サイトの使い方